Lobotomy Corporationについて語る【世界観編】

さぁ
語っていきます

Lobotomy Corporation

久しぶりに熱中したゲームです
身近にプレイしてる人がいなくて吐き出せない
この溜まり溜まった何かを見てください

がっつりネタバレしますので
注意してください!!

ロボトミを見かけた

初めて見たのはニコニコ動画の
ボイスロイド実況だったと思います。
レガシー版の動画でした

正直、レガシー版のデザインはあまり好みではありませんでした
でもゲーム性は面白くて見入ってしまいましたね

そのときはあまりプレイしたいとは思っていませんでした

しばらくしたある日
ある動画を見つけた

あれ?こんなデザインだったっけ?

動画を再生した
いや、してしまった

おい!えぇ・・・ん?は?

語彙力の消失
めちゃくちゃカッコいいじゃないすか

買ってしまったよね

Lobotomy社へ初めての出勤

Lobotomy社で管理人としての生活が始まりました

動画は見ていたがシステムが変わっているっぽい
アンジェラの説明があったが最初はよくわからなかった

罪善を作業しているといつのまにか1日目終了の表示
なんで終わったんだろう

2日目もなんとなく終わらせると研究とか出てきた
研究てなんぞや、わからんわ

そんな感じで進めて慣らしていきました

私のゲームプレイはどうでもいい

まぁ、私のプレイ状況はどうでもいいんです
語りたいのはゲーム自体なんですね

私が思う魅力として
・世界観
・キャラクターデザイン
・設定とゲームシステムの結びつき
・アブノーマリティの多様性

進めれば進めるほどのめり込んでいく
スルメよりすごいよこれ

ここから本当に語っていきます

世界観

はじめにこちらのサイトで世界観設定をご覧ください

 

都市と外郭と路地裏

世界観を語る上では欠かせない
人々の暮らしについて

外郭の人々は都市に入るために必死になる
都市の人々は翼に所属するために人生を捧げる

しかし、翼の実態がLobotomy社のようなものです
Lobotomy社が酷いだけなのか、他はもっと酷いのか
わかりませんが可哀そうですね
この救いのないディストピア感が好きなんですけど

外郭ではHEクラスのバケモノがいたり
黒い森や遺跡といったヤバい場所がある

裏路地にもHEクラスのバケモノは出ますし「掃除屋」もいる
そんな奴らに対抗するための「裏路地の発明品」には特異点レベルのトンデモ武器があるとか
このあたりの情報が「図書館」で掘り下げられるとうれしいのですが

便利屋と掃除屋

作中で出てきた便利屋は赤、青、白、黒でしたか
それぞれ
赤の便利屋:裏路地の組織に所属、裏路地の発明品を装備
青の便利屋:翼に所属、特異点を装備
白の便利屋:遺跡探査の収穫物を装備
黒の便利屋:外郭の生物の戦利品を装備

街灯事務所が色を与えてるとなると翼所属の便利屋は派遣に近いのでしょうか
翼として便利屋の事務所を持っているのかわかりませんけど
便利屋としての地位は青が一番高そうなイメージ

色付きの便利屋でもWAWだったのを考えると
カーリー(ゲブラー)はいかに規格外だったか
大量のアブノーマリティ+「爪」2体+「調律者」を対処って
えげつない
自前のE.G.Oというのも気になります

掃除屋は死体や解体する
活動は裏路地から外郭まで広い範囲でおこなう
裏路地の発明品を恐れ、日没後に裏路地での活動をする
日が明けてからは外郭で活動

子供を食料にする、H社の社員が「掃除屋だけは」と恐怖する
これらのことでヤバいやつらだということはわかります
それでもHEクラス
WAW、ALEPHってなんだよ

ちなみに、便利屋の一部はブックハンターとして活動するみたいです
新しい色を持った便利屋は登場するのか楽しみですね

「頭」「翼」「特異点」

「頭」とは
やべー奴らの親玉

特異点を持っている「翼」を壊滅させられる絶対的な組織
実動要員として「調律者」と「爪」がいる

ガリオン(ビナー)が「調律者」として「爪」2体とLobotomy社を襲撃しました
たったこれだけでLobotomy社が壊滅するという
そして「調律者」が「頭」に使われる側だということ
全貌が見えないこの感じ
大好きです

「翼」とは「特異点」をもつ26の大企業
この「特異点」を使い世界を牽引していくのです

26という数からA~Zの頭文字を持つ企業があると考えられてます

Lobotomy社はご存知の通り、エネルギー抽出技術に特異点を持っています

R社は「ウサギ」の派遣を行ってくれた企業
「ウサギ」以外に「サイ」「トナカイ」などがあるのですが
「サイ」はLobotomy社を物理的に粉砕できるらしいです

TimeTrack社は時間に関する特異点を持っていると思われます
作中で登場する「TT2プロトコル」はこの企業が関わっています
この「TT2プロトコル」を使っているところは意外に多く
リトライ、一時停止、加速、記憶貯蔵刻印などがそうです

世界観についての感想

引き込まれますよね
「外郭」「便利屋」「頭」「翼」「TT2プロトコル」
このネーミングがすごい好き

どこかでLobotomy社よりヤバいことが起こっている
アブノーマリティと同等以上の脅威が外郭にある
まだ見ぬ特異点

わからないことがあるとワクワクするので
全貌が見えない世界観が好きなんです

 

こちらからは以上です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です